全ての旅人の心を震わす旅のことわざ・名言・格言集【厳選20選】

 

ねこ

ねこ
📩18歳、男子大学生。世界を旅したい。有名な旅の名言とか格言を知って旅心を震わせたいぜ〜〜ヽ(´ー`)ノ

 

▼ 記事の内容はこちら

■ 旅のことわざ

■ 旅の名言・格言集

■ 【コトバと旅する】これから旅立つひとへ

有名な旅のことわざとか名言とか知ってると、ふと旅中に思い出して心震わされる時ありますよね

僕も結構そういう言葉に感化されやすいし、そういう言葉で自分を奮起させることがあるタイプの人間です(*´﹃`*)

今回は僕が心震わされた旅のことわざや名言をご紹介していきますね!

 

この記事ではこんなことを紹介しています

旅のことわざ

早速、旅に関することわざを紹介していきましょう。聞いたことがあることわざもちらほらあるかもしれませんね。

旅のお供になるコトバが見つかりますように☆彡

 

旅は情け人は心

日本の旅に関することわざ。

旅をしている間は人の情けが本当に嬉しく感じる。また心の持ちようが何よりも大切だという日本の古いことわざです。心の持ちよう次第で見える世界も変わってきます。日常ではなかなか意識しづらいですが、旅の間くらい自分の心の持ちように意識を向けるのもいい機会ではないでしょうか?

 

旅は憂いもの辛いもの

日本の旅に関することわざ。

旅先では心配事や辛いことが多いという日本のことわざです。今では昔より簡単に海外を旅できるようになりました。海外に住む友達に会いに行くことも昔よりは簡単になりましたよね。もしかしたらすでに旅は憂いものでも辛いものでもないのかもしれません。むしろそれを楽しむことこそ旅の上級者なのかもしれません。

 

かわいい子には旅をさせよ

日本の旅に関することわざ。

子供がかわいいのであれば、あえて苦労をさせた方がいいという日本のことわざですね。比較的よく聞くことわざではないでしょうか?かわいい子に旅をさせるべきかどうかはおいといて、旅自体が人間的にものすごく成長できる機会であることは間違いないです。

 

旅の恥は掻き捨て

日本の旅に関することわざ。

旅中は周りが知らない人だらけなのでどんなに恥ずかしいことでもその場限りだという日本のことわざですね。「旅の恥は掻き捨て」ならば、日本で挑戦できないことにもたくさんチャレンジしてみるのもありかも、という気持ちにさせてくれることわざですね。僕は結構このコトバ好きで、周りの目を気にしてしまう人にはおすすめのことわざです(*´﹃`*)

 

長生きするものは多くを知る。旅をしたものはそれ以上を知る

アラブの旅に関することわざ。

最後は日本のことわざではなく、アラブのことわざです。

長生きをすること以上に旅は学びが多いという意味のことわざです。これは一度、ご高齢の方に聞いてみたいですね。僕自身、お年寄りになったときに胸を張ってこのことわざを言いたいです。

 

旅の名言・格言集

次に世界各国の著名人の旅に関する名言や格言です。

旅のお供になるコトバを見つけてみてくださいヽ(´ー`)ノ

 

人が旅をするのは到着するためではなく、旅をするためである

ドイツを代表する詩人、小説家ゲーテの旅の名言・格言

多くの旅人にとって、度は旅をすること自体が目的。到着するためではなく、その旅で出会うひと、ものこそが楽しみなんです。それでいいんです。

 

旅は真の知識の大きな泉である

イギリスを代表する政治家で小説家のベンジャミン・ディズレーリの旅の名言・格言

旅は本当に多くのことを学べます。良いことも悪いこともです。それは日本に住んでいては感じ得ないことも多いんです。旅という非日常はあなたに刺激的な日々を用意してくれます。

 

日常の愛おしさを思い出すためにも、私は日本を飛び出さずにはいられなくなるだろう

日本のエッセイスト、たかのてるこさんの旅の名言・格言

日常という平凡さがあるからこそ、非日常という刺激がある。非日常があるからこそ日常という平凡さが愛おしくさえ思える。日常と非日常を行き来することでしか日常のその愛おしさは感じることができません。

 

旅は私にとって、精神の若返りの泉である

アンデルセン童話で有名なデンマーク出身の童話作家、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの旅の名言・格言

旅には人の中にある『ワクワク』や『ドキドキ』を外に解放する力があります。それはものすごくエネルギッシュなもの。旅は人間を若返らせる効果があるのかもしれませんね。

 

あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない

20世紀のアメリカを代表する小説家、ヘミングウェイの旅の名言・格言

色んなところを旅しても、自分と対峙することを避けることはできないのです。結局、旅が孤独である以上、自分と向き合い続けるしかないんです。

 

あらゆる旅はその速さに比例してつまらなくなる

19世紀のイギリスの美術評論家、ジョン・ラスキンの旅の名言・格言

飛行機って目的地に着くだけの手段として考えると人間の最高傑作ですが、その道中で見逃した刺激的な瞬間は膨大なのかもしれません。あえて自転車や電車で旅をする方が刺激的な毎日を送れそうですよね。

 

1人旅をしているときには、好きな人のことや、残してきた人達のことばかり不思議に思い出すものだ

イギリスの作家、リチャード・ホームズの旅の名言・格言

これなぜなんでしょう。一人旅しているときって嫌な奴の顔とか思い出さないんですよね。なぜか楽しいこと、愛する人を思い出してしまう。これぞ旅のマジックです、、、。

 

旅は人間を謙虚にする。世の中で人間の占める立場がいかにささやかなものであるかを、つくづく悟らされるからだ。

19世紀フランスの小説家、ギュスターヴ・フローベールの旅の名言・格言

旅をすると地球の大きさと自然の偉大さを感じられずにはいられません。僕はダイビングをするので、より自然の存在の大きさに少し慄きます。人間ってこんなちっぽけなんだ、と思っちゃいます。でも、人間がちっぽけなら自分のしたいことをやってやろうとも思っちゃいます。

 

発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ

フランスの小説家、マルセル・ブルーストの旅の名言・格言

『新しい景色を探すことではなく、新しい目で見ること』か、、、。名言過ぎるし、的を得て過ぎる、、、。同じ景色を何度見ても、感情は違うことってありますよね。映画とか本でもそんな感覚になったことありませんか?今の自分がどういう視点で景色や作品に向き合っているかによって、その景色や作品の持つ意味やパワーさえ変わってきます。

 

旅の過程にこそ価値がある

Apple創業者、スティーブ・ジョブスの旅の名言・格言

結果を出しつつ、過程にもこだわるスティーブ・ジョブスの名言です。スティーブ・ジョブスによると、旅は目的地に到着することが目的ではなく、道中の人とのふれあい、出会い、別れにこそ価値があるんですね。旅だけじゃなくて人生の名言・格言ですよね。

 

旅とはどこかに辿り着くことが重要なのではない

イギリスの詩人、トマス・スターンズ・エリオットの旅の名言・格言

スティーブ・ジョブスの名言と似通ったことを言われていますね。

 

旅をすることは、他国に対する間違った認識に気づくことである

アメリカの詩人、クリフトン・ファディマンの旅の名言・格言

自分の足で行ったことのない地域のイメージなんて所詮、周りの情報によって創られた幻想でしかなくて、実際足を運ぶとそのイメージは一新されます。旅はそんな間違った認識を改めさせる唯一無二の方法なのかもしれません。

 

本当の旅人とは、決まった計画など持たず、どこかに辿り着こうとも考えないものだ。

春秋戦国時代の中国の思想家、哲学者、老子の旅の名言・格言

旅行者と旅人の違いを表しているのかもしれませんね。旅行者は目的地があり、目的地にたどり着くことも目的の一部。だとしたら旅人は目的地はありません。目的地にたどり着くことが目的なのではなく、その道中の想定外の出会いや出来事こそが目的なのかもしれませんね。

 

旅とは結婚と同じようなものであり、コントロールしようとするのは間違いなのである

アメリカの小説家で劇作家のジョン・スタインベックの旅の名言・格言

なかなか現実的な名言・格言ですね。コントロールできないのが旅であり、だからこそその非日常を楽しむのが旅なのでしょう。

 

【コトバと旅する】これから旅立つひとへ

旅に関することわざや名言・格言の数々、いかがだったでしょうか?

どれも力強いコトバで、今すぐにでも旅に出たくなるようなコトバばかり。

最後に、僕が好きな旅の名言・格言を紹介します。

今から20年後、君はやった事よりもやらなかったことに、より後悔するだろう。ゆえに、迷いを解き放て。安全な港から船を出せ。貿易風を帆に捕らえよ。探検せよ。夢をみよ。発見せよ。—マーク・トウェイン(アメリカ)

マーク・トウェインはアメリカの作家であり劇作家です。あの「トムソーヤーの冒険」の著者としても有名なこの方は、19世紀を代表する小説家の一人でもあります。

貧しい家庭に生まれたマーク・トウェインは様々な職を転々とし、南北戦争に巻き込まれながらも、筆を取り続けた苦労人。

マーク・トウェインはそんな不遇のなか、『トムソーヤーの冒険』を始め、様々な小説やエッセイを遺しました。特にマーク・トウェインの書いた旅行記は爆発的な評判となり、当時最も人気の著名人だったそう。

そんなマーク・トウェインの名言です。

迷いを解き放て。安全な港から船を出せ。貿易風を帆に捕らえよ。探検せよ。夢をみよ。発見せよ。

このコトバに出会った時、人生の格言にしたいくらいワクワク、ドキドキしました。

これから旅に出るみなさん。

是非、船を出して、帆を捕らえ、思う存分探検してきてください。

そして夢を見てきてください。

みなさんの旅が素敵な時間となりますように☆彡

関連記事

【イタリア編】マルタからヨーロッパ周遊は激安で激近!【ヨーロッパ旅】

長期滞在者が語る、マルタを100%満喫する楽しみ方14選【保存版】

【厳選】失敗しないマルタのおすすめお土産ベスト3【ばらまきOK】

『アフリカ行きたいけど、1人じゃ不安…』な人、一緒にアフリカ行きましょ!

コミノ島(マルタ)は冬の観光がオススメ?【体験談】【行き方】

アフリカンフェア2018in狭山が最高にアットホームだった件【感想】