クラウドワークスのライターで収入月3万は誰でも可能【コツは単価】

ねこ

ねこ
毎月の収入の他に、1万〜3万くらいとりあえず稼いでみたい。特にスキルもないし・・・ライティングならできそうだけど、本当に稼げるの?

 

『クラウドワークスってよく聞くけど、ライターで食べていけるの?』

『クラウドワークスのライターって単価が低いイメージ・・・』

 

イメージはそんな感じですよね。確かにそのイメージ通りの一面もあります。

しかし、パソコンで稼ぐ=仕事の場所を選ばないしなんとなくいいな〜って思う方はクラウドワークスのライター、めっちゃ向いてます。特に副業でしっかり仕組みを理解すればクラウドワークスのライターは面白いし現実的な仕事です。将来的に他の収入に展開させることも可能なので。

『じゃあクラウドワークスでライターやってみよう』そう思ってもなかなかできない人がほとんどです。

まずはクラウドワークスのライター業の実態を知りましょう。

 

▼ 本記事の内容はこちら

■ クラウドワークスのライター業の収入や単価をご紹介します!

■ 副業ライターとして僕がクラウドワークスを実践した時の収益を公開します!参考にしてください!

■ クラウドワークスでライター業をして得られる最も大きなことをご紹介します。

実際僕もブログを始める前は一時期、クラウドワークスのライターとして収入を得ていた時期がありました。

僕、本当に食費が少なく収まる人間でして、クラウドワークスの収益だけで食べていけるくらいの時期もありました。

では早速ご紹介しましょう。

 

クラウドワークスのライター業とは?

クラウドワークスのライター業とは一体なんなのか?まず定義付け、大事ですよね。

クラウドワークスで発注先の条件に合った記事をライティングをすること。

簡単にいうとこんな感じですよね。

クラウドワークスとは、ライティングでお金を稼ぎたい人(受注者)とライティングをお願いしたい人(発注者)がいるため、互いに会ったことがなくても、オンライン上で仕事が契約できるというシステムなのです。

 

クラウドワークスのライター業は単発だけではない

クラウドワークスでライター業をするなら、大きく2つの受注の仕方があります。

 

単発の記事をひたすら受注して書く

同じ発注先と信頼関係を築いて、記事を継続的に受注する

 

最初の内はライターとして仕事をたくさん受注することになるのが一般的です。そして時間が経つにつれて発注先が「このライターさん誠実だな」「このライターさんの記事、質が高いな」と判断してくれるようになります。

そうなればライターは、発注先と信頼関係を築くことができて、記事も継続的に受注することができるってわけですね。

 

クラウドワークスでライターはどうやって仕事をする?

クラウドワークスを使ってライターをするには、3つの方法があります。

 

プロジェクト依頼するパートナーを選んで1対1で仕事をする形式
コンペ発注者の希望に沿う複数の提案の中から、気に⼊ったものが採用される形式
タスク多数のひとに単純作業をしてもらう形式

 

クラウドワークスでライターをするなら、プロジェクトが一般的です。

もし副業としてライターをかじってみたい人は絶対にプロジェクトを選んでください。タスクの単価がめちゃくちゃ低くて、達成感もなにもないです。

 

クラウドワークスのライターの単価や相場は?

クラウドワークスのライターの単価と相場はめちゃくちゃ大事です。平均すると各形式こんな感じですね。

プロジェクト0.2円程度〜2.0円程度(1文字)
コンペライティングの性質上、例なし。ライター✕コンペならコピーライティングの分野になり別のスキルが必要
タスク1円〜150円程度(1タスク)

 

【クラウドワークス】プロジェクト形式✕ライターの単価

クラウドワークスでライターをするなら最も一般的な仕事の形式です。

ライターが案件を探し、自分にできそうと思ったものに応募する。すると、発注者はテストライティングなど「本当にこの人に頼んでも大丈夫か」チェックする。そして、お互いの条件があったところで作業に進む。

こんな感じで進んでいきます。

正直、1回受注すればほとんど流れはほとんど理解できますし、副業としてクラウドワークスでライターを始める人はプロジェクト形式で仕事を受注しましょう。

 

【クラウドワークス】コンペ✕ライターの単価

案や実際のコンテンツ、これらを争わせて優秀なものに収益が出るのがコンペ。

ライターにとってメリットが少なすぎるので、クラウドワークスのライティング作業ではこのコンペ形式はありません。

 

【クラウドワークス】タスク✕ライターの単価

タスク✕ライターには大きく2種類あるんですが、正直副業としてするには微妙、というか避けたほうがいいです。

 

商品やサービスのレビューや体験談

商品・サービスのレビューや体験談は100円/1タスクを超えるところも多いです。ただ「このサービスに登録して入力」とかがあってめんどくさくなることが多々。

アンケート方式

アンケートはクリックしていくだけなので、正直1円とか3円とかの世界。雀の涙にもなりません・・・

 

副業としてライターにチャレンジする人はタスクはあまりにもお金にならないので、避けたほうが無難かと。

 

プロジェクト方式の相場は?【単価別で分けてみた】

では実際にクラウドワークスでライターとして仕事をするときの相場はどれくらいでしょうか?

例えば、

0.2円/1文字 ✕ 2000文字 = 400円

0.7円/1文字 ✕ 2500文字 = 1750円

1.3円/1文字 ✕ 3500文字 = 4550円

1.5円/1文字 ✕ 10000文字 = 15000円

正直、クラウドワークスのライターの相場ってこれくらいなんです。

これを高いと見るか、安いとみるかはあなた次第です。「どんなテーマでもいいから文字単価が高い仕事がしたい」人はいい仕事でしょうね!

もう少し考えてみましょう。

例えばあなたが副業でクラウドワークスのライターとして、3万円稼ぎたいと考えていたとしましょう。その場合、上の例だとどれくらいの労働が必要になるのでしょうか?

0.2円/1文字 ✕ 2000文字 = 400円の記事依頼の場合

ライターとして30000円を稼ぎたいということは、1日あたり1000円の稼ぎが必要です。

この場合、2000文字の記事を1日当たり2記事〜3記事を作成しないといけません。

 

0.7円/1文字 ✕ 2500文字 = 1750円の記事依頼の場合

ライターとして30000円を稼ぎたいということは、1日あたり1000円の稼ぎが必要です。

この場合、2500文字の記事を2日間かけてライティングすれば達成します。

 

1.3円/1文字 ✕ 3500文字 = 4550円の記事依頼の場合

ライターとして30000円を稼ぎたいということは、1日あたり1000円の稼ぎが必要です。

この場合、3500文字の記事を3日〜4日間くらいでライティングすれば達成します。

 

1.5円/1文字 ✕ 10000文字 = 15000円の記事依頼の場合

ライターとして30000円を稼ぎたいということは、1日あたり1000円の稼ぎが必要です。

この場合、15000文字の記事を2週間くらいかけてライティングすれば達成します。

 

【結論】文字単価1円を超える案件を選ぶべし

クラウドワークスでライター業をするのであれば、これは覚えておきましょう。

上の例でも分かる通り、

文字単価が1円を超えると急に1記事当たりの稼ぎが増えます。逆に文字単価が1円をきると、急にコスパが悪くなります。

もちろんそこにライターとしてのスキル(ライティングの速さ、正確性等)を踏まえての判断になりますが、数字だけ見るとこのような現実があります。

クラウドワークスでライターとして副業したいなら、文字単価1円以上はマストの条件です。

 

クラウドワークスのライターの月収・収入は?

では実際にクラウドワークスでライターとして活動している人はどれくらいの月収と収入があるのでしょうか?

正直、10000円以下の人が多い印象。なぜなら続かないから。

これにつきますよね。結局みんな継続できないから諦めていくパターンがほとんどです。

 

月収・収入30000円は可能か?

クラウドワークスのライターとして作業を続けてきた僕からすると、30000円はとにかく手を動かして継続していれば達成できる金額です。

30000円の月収(収入)をクラウドワークスのライターとして達成したいなら、文字単価1円以上の案件を受注して、とにかく手を動かしてください。

毎日の作業に慣れてきたら、結構簡単に手がとどく金額ですよ。

 

月収・収入50000円は可能か?

月50000円稼ぐとなると、副業としてはなかなかツライところがあります。

ただ不可能ではありません。文字単価やクライアントを見直す、文字単価を交渉するなどして、ライターで50000円を達成することは可能です。

ただ正直、所感としては50000円以上の収入を得るとなるとなかなか副業としては難しいです。なぜなら副業としてライティングに割く時間が長くなってしまい、継続するのが難しくなる傾向にあるからです。

結局全て、継続できるかどうかなんですよ。この世界。

 

【体験】クラウドワークスでライターしてみた

実際に僕はクラウドワークスでライターとして活動していた時期があります。

やったことは3つだけ。

 

1 クラウドワークスに登録する。

まずクラウドワークスに登録しましょう。

▷ クラウドワークスの無料登録

 

2 ライティングの仕事に応募して、受注する

ページ上部の『仕事を探す』をクリックする

 

左部分から『コンテンツ・ライティング』をクリックする

 

気になる案件があればクリックする

 

条件等を読んで『応募する』をクリックする

 

条件を入力して再度『応募する』をクリックする

この仕事に応募して受注するという作業で止める人が一番多いです。なぜなら「自分なんかが書いていいのか不安」「本当にできるのか心配」という思いが募るから。

けれども、ここを思い切って応募してしまえば、あとは納品するだけ。

あと、これだけは覚えておきましょう。

クライアントさんはあなたが思っている以上に、やさしいです。

▷ クラウドワークスの無料登録

 

3 作業する

『応募する』をクリックした後は、クライアントさんから連絡が来ます。それからの進め方はクライアントさんそれぞれです。

テストライティングをお願いされたり、文字単価の確認などをしていくことになるでしょう。クライアントさんとのやり取りを終えると、早速作業に取り掛かりましょう。

ここからライターとしての本業です。条件にあった書き方で真面目に記事をライティングしていれば、特に問題なく納品できますよ。心配いりません。

もしミスがあっても随時修正していけばいいだけです。

もう一度、言います。あなたがおもっている以上に、クライアントさんは優しいです。

▷ クラウドワークスの無料登録

 

【収益公開してみる】クラウドワークス✕webライター

では実際にクラウドワークスでライターとして記事をライティングしていたころの収益を公開してみたいと思います!

1ヶ月目11293円
2ヶ月目22367円
3ヶ月目31210円
4ヶ月目28903円
5ヶ月目 12134円

 

1ヶ月目、2ヶ月目は安い文字単価の作業で失敗

1ヶ月目、2ヶ月目は文字単価が比較的安い記事を書いていたのと、作業時間が週に8時間くらいだったので、収益は30000万には到達していません。

 

3ヶ月目で30000円達成

3ヶ月目はとにかく手を動かすことを意識して、時間を決めて作業していました。あとは、1ヶ月目、2ヶ月目で一緒にお仕事をしていたクライアントさんから文字単価のアップを承認してもらい、30000円を超えました

 

4ヶ月目、5ヶ月目はライターのスキルをブログへ

その後は、自分のライターのスキルをブログ運営に費やすようになったので、クラウドワークスでのライターとしての作業時間を減らしました。

しかしクライアントさんとのやりとりは続いていたので、必要最低限の作業はやってました。そのときのクライアントさんは個人のブロガーさん(?)で条件がいい上に、自分の好きなテーマだったのもあって、ちょこちょこ稼いでました。

 

クラウドワークスならライター業で5000円程度ならすぐ稼げる

クラウドワークスならライター業で5000円は結構すぐに稼げます。

とにかく応募して仕事を受注すること、受注したら手を動かすことを意識してみてください。すぐ5000円なんて超えますよ。

たかが5000円が・・・

と思われる人もいるかもしれません。ただ、「クラウドワークスのライター業で稼いだ5000円」は5000円以上の価値が絶対あると僕は断言します。

 

給料を『頂く』感覚⇛自分の生み出したもので『稼ぐ』感覚へ

クラウドワークスのライターとして稼いだ5000円が5000円以上の価値があるのはなぜでしょう。

理由は、『稼ぐ感覚』を身にしみて感じられるからです。

いままでサラリーマンとして月々の給料をもらっていた人にとって、クラウドワークスのライターとして生み出した価値に変わる対価はなんだか新鮮だと思います。

「ほんとにお金入ってくるんや…」

僕も最初はこんな感じでした。

この稼ぐという感覚こそ大切で、もしライターのスキルをブログ運営に活かして収益化したいと考えている人にとって、めちゃくちゃ大切な感覚なんです。5000円でこの感覚を得られるなんて、ライター、素晴らしいです。

 

ライティングスキル

5000円の稼ぎだけでは当てはまらないんですが、これから5000円⇛10000円⇛30000円と稼いでいくうちに身につくものがライティングスキルです。

具体的にこんなことができるようになります。

 

SEOを意識したライティングができる

ブログを検索上位にあげるためにはSEOを意識したライティングは非常に大切です

しかし、自分でブログを始めるとなっても、どうやってかけばいいのか全くわからないという人もいるはず。そんな方は一度、クラウドワークスでライターとしてやってみると、SEOを意識したライティングがわかってきます。

僕もクライアントさんから提示される条件に「なぜ?」と疑問を持ち、調べているうちにその条件所々にライティングのテクニックが隠されていることに気づきました

あとは、自分のブログ運営で真似ればいいだけです。シンプル&簡単です。

 

物事をわかりやすく伝えるライティングができる

文章がわかりやすいかどうかは自分では判断しにくいです。

けれども、クラウドワークスでライターをしていると納品時に「ここはもうちょっとこう書いてほしい」「このテーマは終盤でもいい」みたいな感じでクライアントがおしえてくれます。

つまり、クラウドワークスで仕事を受注していると自分の文章をチェックしてくれる体制が整っちゃうってことです。

 

クラウドワークスのライターからブロガー転身もあり

クラウドワークスで5000円以上稼ぎ、副業としても目標金額に届くようになれば自分でブログを運営することをおすすめします。

なぜならブログは資産として残るからです。

クラウドワークスでのライティングは自分の書いた記事は、報酬の対価としてクライアントに提供しなければならないです。けれども、ブログで書いた記事は一生自分の手元に残ります。

つまり、資金ではなく資産になるんです。

そしてブログは収益化が可能です。例えば自分のブログを見てくれる人が増えれば、アドセンスで収益化することが可能です。商品を売る力がある人は商品を紹介して収益を得ることができるのです。

自分のライティングスキルを資産化する。

もしあなたが副業的に毎月はいるお金を生み出したいのであれば、ブログをやるのがいいかなと僕は思います。

 

【まとめ】クラウドワークスでライターはアリ?ナシ?

1 クラウドワークスでライターするなら文字単価1円以上を狙うべき

2 クラウドワークスでライターとして月30000円程度の副収入は現実的

3 ライターだけだと50000円は厳しくなってくるのが事実

4 クラウドワークスで稼ぐ5000円は5000円以上の価値が必ずあるー「稼ぐ」という感覚とライティングスキル

5 クラウドワークスのライターからブロガーへの転身はめちゃくちゃアリ!

 

クラウドワークスでライターをするのは副業としては現実的にありです。その後でブロガーへと転身すると、さらに安定して収益をだせるようになりますよ。

たらたら書きましたが、結局これが一番大事なんです。

ひたすら手を動かすこと

クラウドワークスになにか不安が残っていようが、とにかく始めてしまいましょう。もし自分に合わないと思えば、他の副業を考えればいいだけ。

早速、手を動かしましょう。

▷ クラウドワークスの無料登録

関連記事

関連記事がありません。