マルタ留学で訛りを気にしすぎるなら留学はやめたほうがいい【理由】

 

マルタ留学前でマルタの英語の訛りに悩むねこ

『マルタの英語の訛りが気になってマルタ留学を決断できない・・・ やっぱり英語の訛りがないところに留学を変更したほうがいいかな・・・ヽ(´ー`)ノ

 

 

本記事ではこんなことを書いています。

 

☆彡 本記事の内容はこちら

・マルタ英語の訛りってなに?

・留学は訛りの矯正ではなく、伝わる英語を使う機会

・もう一度『留学の意味』を考えよう

・【結論】訛りを気にしすぎるのは留学では無意味

 

この記事は、留学の悩みのタネ、『英語の訛り』の疑問を解決してほしいという願いを込めて書きました(´ε` )マルタ留学を始め、留学を検討していて英語の訛りを気にしている皆さんの背中を押せたら嬉しいです\(^o^)/

 

僕は実際に半年ほどマルタに留学していました。留学から時間が経っても日常会話からたまにビジネスでも英語を使いますが、問題なく会話できています!

 

ではさっそくご紹介していきましょう。

 

マルタ英語の訛りってなに?

上京してきた地方出身者の方なら一度は意識したことありますよね。

きみ、すごく訛ってるよヽ(´ー`)ノ
方言の訛り、直そう(´・ω・`)

今も昔も『東京で話される言葉=正しい日本語=標準語』であるとされていて、 地方の言葉は『訛っている』と言われがち。

そんな訛りは、日本語だけでなく、英語にもあります。同じ英語でもアメリカ人が使う英語とイギリス人が使う英語は違います。もちろんコミュニケーションはできるんですが、アクセントやイントネーションが違うんですね(・∀・)

実は英語語学留学先として人気になってきたマルタにも特有の訛りがあります。

 

マルタ英語の訛り

マルタ英語の訛りは次の2点が特徴的だと言われています。

・抑揚が強い
・アクセントが独特

ただアメリカ人やイギリス人が理解できない英語ではありません。

僕の通っていた学校でもマルタ人と一緒にアメリカ人やイギリス人がいましたが、普通に話していましたし、問題はないようでした。

 

留学は『訛りの矯正』ではなく、『伝わる英語を使う』機会

もちろん英語留学を前にして訛りが気になる方も多いでしょう。

しかし先に断言しておくと、留学は訛り云々を気にしていたら一瞬にして留学期間、終わります。マジで一瞬です。

そんな一瞬で終わる留学で訛り以上に大切なこと、それが『伝わる英語を学ぶ』ことです。

 

ネイティブスピーカー=簡単な英語

英語が母語のひと、つまりネイティブスピーカーは難しい単語を駆使して、自分の知らない表現を使っていると考えがちですが、それは違います。

ネイティブスピーカーほど、簡単な単語を使っていると言われています。

ちなみに、例えばこんな感じ。

出典:「文法的には正しいのに、伝わらない英語」とは? (DIAMOND ONLINE)

海外ドラマやら映画が好きな人ならこんな経験がある人も多いんじゃないでしょうか?

会話の全ては理解出来ない・・・でも知ってる単語を使ってる!

実際会話で使われている単語というのは、案外簡単な単語や言い回しが多いんです。

 

ソフトバンク社長の孫正義社長の英語

これはあのソフトバンクの孫正義社長の英語からも言えます。孫社長は簡単な英語を使って企業や世界のトップと交渉するとして有名です。

 

 

参考 : 孫正義は「中学英語」で世界トップと交渉する

 

コミュニケーションがどんな相手であろうと、伝わらなければ意味がない。

「伝わる英語」がいかに重要かがわかりますね。

 

『英語で会話できる=伝える英語を使える』

英語で会話できるというのは、伝える英語を使えるかどうかなんです。

もはや訛りが正しい、正しくないという範疇ではありません。

そして留学は訛りを矯正しにいく場所ではなく、伝える英語を使う機会なんです。

 

もう一度『留学の意味』を考えよう

ここで留学の意味をもう一度考えてみましょう。

今まで日本で暮らしてきた人にとって留学とはこういう経験なのです。

・英語のシャワーを浴びられる経験
・英語での意思疎通が増える経験

まずは、留学は英語のシャワーを浴びられる経験です。

コミュニケーションの最も大切なことは言うまでもなく相手の意思を理解すること。英語を話せるようになるためには、英語は一種類ではないからこそ、色んな英語に触れる経験が必要なんです。それが留学の意味であり、醍醐味です。

 

そして、留学は英語での意思疎通が増える経験であります。

相手の意思を理解して、さらに自分の意思を伝える、要は『ことばのキャッチボール』をすることにこそ留学の価値があるんです。

 

【結論】訛りを気にしすぎるのは留学では無意味

結論として留学をする前から訛りを来にしすぎるのは無意味だと思います。

マルタ留学も然りです。

そこまで訛りを気にするのであれば、オンライン英会話などで訛りを矯正してもらいましょう。留学ではなく、あなたの部屋でできることです。

訛りはとりあえず置いといて、とにかく英語でコミュニケーション取れるようになりたいという方。

このページを閉じて、すぐに行動に移しましょうヽ(´ー`)ノ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【断言】マルタ留学が1週間では短すぎる理由はこれだ!【費用公開】

マルタ留学のマンツーマンレッスンって実際、効果あるの?【実体験】

マルタ留学でのホームステイのメリットとデメリット!【体験談公開】

マルタ留学、ビザは誰が必要?必要書類や取得方法?【2018年冬】

【高校生OK】高校生が参加できるマルタ留学エージェント&学校まとめ

マルタ留学のおすすめエージェント7選【経験者が厳選】