「3日坊主を直したい」絶対克服できる最もシンプルなステップと原則

ねこ

ねこ
結局何をやっても3日坊主で終わってしまう…ダイエットも語学の勉強も、筋トレも…どうやったら3日坊主を克服することができるんだろう?何かいい方法はないの?

 

筋トレやっても、ダイエットやっても結局3日坊主で終わってしまう

もしかしたら自分には努力する才能がないのかもしれない

3日坊主を直したいんだけど、どうぜ無理・・・

 

そう思う方は多いですよね。確かに新しいことを始めると最初はワクワクしますが、時間が経つにつれて苦痛に変わる。まさに新しいことあるあるです。

でも、実際新しいことを始める際、3日坊主を克服するには自分をマネージメントしてあげる必要がありますよね。要は、自分が行動し続けられるように自分で導いてあげることが必要です。

今回は、この3日坊主を直したいと思う人が、必ず3日坊主を克服できる最もシンプルなステップと原則について具体的に紹介したいと思います。

 

▼ 本記事の内容はこちら

■ 『3日坊主を克服するのは後回しにするから…』3日坊主が直らない原因と克服できない人の特徴を整理します。

■ 3日坊主を克服するための大切な3つの原則。『シンプルisベスト』『習慣化が最大の味方』『結果より行動』

■ 今日からできる3日坊主を克服するための5ステップ

僕がいつも3日坊主になっていたのは筋トレでした。

たった20分間腹筋しようと思ってもなかなかできずに、結局夢の6パックを手に入れることは出来ていませんでした。

でも、今ではしっかり6つに割れています。なぜなら3つの原則と5つのステップを実践したから。これは本当に単純です、でも知らなければ間違った方法を盲信して、自分を卑下したりすることになりかねません。

正しい方法で、3日坊主を克服しましょう!

では早速、ご紹介していきましょう。

 

3日坊主の人が克服できないこと

まず3日坊主の代表例を紹介したいと思います。もしかしたらあなたがこれからチャレンジしたいと思っているようなことにも該当するかもしれません。

 

運動(ジョギング等)・筋トレの3日坊主

3日坊主の人が克服できないこと、代表的なのが運動・筋トレですよね。なかなか目に見える結果が出にくいし、「やっても変わらないんじゃないか感」がフツフツと湧き上がってくる類のやつです。

3日坊主になる前はこんな感じ。

 

「1日20分は走ろう」

「1日15分は腹筋しよう」

 

そして、無事3日坊主になるパターンはこれ。

 

『筋トレはあとにしよう』

『仕事があるから今日はやめよう』

『明日からまたやろう』

 

王道パターンですよね。

 

勉強(特に語学)の3日坊主

3日坊主の人が克服できないこと、勉強、特に語学の勉強です。これは体験したことのある人も多いんじゃないでしょうか?僕はフランス語で経験済みです。

3日坊主になる前はこんな感じ。

 

「1日10個、中国語の単語を覚えよう」

「1日1つ、フランス語のニュースを読もう」

「朝、家をでる前にオンライン英会話やろう」

 

そして、無事3日坊主になるパターンはこれ。

 

「明日の朝やろう」

「今日だけは仕事があるから明日からまたやろう」

 

結局明日明日と先送りにして、あたかも「その計画がなかったように消滅していく」のが語学の3日坊主あるあるですよね。

 

ダイエットの3日坊主

3日坊主の人が克服できないこと、ダイエットです。これは女性の方ならものすごい経験者がいそう。

3日坊主になる前はこんな感じ。

 

「来月末までに5kg落としたいから、毎日運動する」

「間食を抜く」

 

そして、無事3日坊主になるパターンはこれ。

 

「今日は足が痛いから運動は控えよう」

「今日は仕事が忙しかったから、ご褒美に食べよう」

 

これで無事3日坊主になることができます。ダイエットの場合は「体重」という具体的な数値で結果が目に見えます。だから増量してると「あんなに頑張ったのに増えてた…」と落胆してやめちゃうパターンが続出します。

 

3日坊主になる人は物事を後回しにする

「なぜいつも3日坊主になってしまうんだろう・・・」

それは、3日坊主になる特徴と性格を完全に得ているからです。ではその特徴と性格とは何か?

それは、『面倒臭がって後回しにしてしまうこと』です。

 

「3日坊主を直したい」人は後回しにする癖から直す

3日坊主を直したい人はつべこべ言う前に私生活から「後回しにする癖」を直しましょう。

 

「洗濯物はあとで干せばいいや」

「食器洗うの明日でいいや」

「バタバタしてるからLINEはあとで返そう」

 

「計画的に優先順位が後である」こととは違います。上のような発言には大抵「面倒くさいから」という気持ちが見え隠れしちゃってます。「面倒くさいからやらない」が染み付いてしまうと、3日坊主を直したいと思っても、直すことはできません。

 

【3日坊主を直したい】3日坊主を克服するのに必要な3つの原則

物事を後回しにするのを避け、3日坊主を克服するために必要な3つの原則があります。正直、これらを意識的に実践すれば、少々嫌なことでも3日坊主を克服できる可能性はグーンと高まります。

1 シンプル is ベスト

2 習慣化が最大の味方

3 結果より行動

 

【三日坊主を克服する3つの原則】 シンプル is ベスト

物事を後回しにするのを避け、3日坊主を克服するために必要な3つの原則の1つ目は、『シンプル is ベスト』です。

3日坊主が直らない原因のひとつは物事を後回しにしてしまうこと。なぜ後回しにするかと言うと面倒くさいから。ではなぜ面倒くさいのでしょうか。

面倒くさいと感じるのは、その努力自体が複雑だと感じるからです。

 

例えば、筋トレを例に挙げてみましょう。「筋トレをやろう」と”思う”のは3日坊主の方でも誰でもできます。しかし、それを”行動する”となると準備等をしないといけません。

  • 服を着替える
  • マットを敷く
  • ダンベルを用意する

これが要は複雑なんです。複雑さは人間の努力を遠ざけてしまいます。

最初のうちは着替えることもなく、思いついたその場でやっちゃってください。ベッドに寝転んでたら、とりあえず5回腹筋してみる。立っていたらスクワット10回やってみる。

とにかく面倒な準備は抜きにして、シンプルに実践してみる。

シンプル is ベストです。

 

【三日坊主を克服する3つの原則】 習慣化が最大の味方

物事を後回しにするのを避け、3日坊主を克服するために必要な3つの原則の2つ目は、『習慣化が最大の味方』だということ。

習慣化とは、「物事が生活に根付いて長く続くこと」です。大事なのは「生活に根付く」って部分。

例えば、

 

『3日坊主にならないように歯磨きを頑張る人』

『3日坊主にならないように毎日シャワーを浴びるのを頑張る人』

 

そんな人いません。なぜなら歯磨きもシャワーも生活に根付いているから。つまり、当たり前のこととして実践しているからです。

3日坊主を直したいと考えている人はこの習慣化が大事なのです。歯磨きやシャワーと同じ感覚で生活に根付き、当たり前のように実践できれば、3日坊主を克服することができます。

 

【三日坊主を克服する3つの原則】 結果より行動

物事を後回しにするのを避け、3日坊主を克服するために必要な3つの原則の3つ目は、『結果より行動』を意識することです。

本来「なんらかを成し遂げるために新しいことを始める」訳ですから結果が大事なんですが、3日坊主にならないためには最初は結果より行動を意識した方が絶対いいです。

それは行動しないと結果はついてこないから、そして結果を意識しすぎると現時点とのギャップを意識して落胆するからです。

例えば、

 

「今英語を勉強しているけど、英語でペラペラ話せるようになりたいのに、こんなにチマチマ単語覚えてていいの?」

「あんなナイスバディーになりたいのに、今野菜を食べるだけでいいの?」

 

結果なんて後からついてきます。今、その瞬間の行動に集中してください。

今取り組んでいるその瞬間の行動に集中すれば、結果を意識しすぎることなく着実に前にすすめることができます。つまり、3日坊主を克服することができちゃいます。

 

3日坊主を直したい…絶対克服するための5ステップ

物事を後回しにするのを避け、3日坊主を克服するために必要な3つの原則。

1 シンプルisベスト

2 習慣化が最大の味方

3 結果より行動

 

先程、これらが最も大切な原則(=考え方)だと説明しました。じゃぁこれらを原則をもとに行動に移そうと考えた時に、実際にどうやって実践していけばいいのか。絶対に3日坊主を克服したいなら、是非この5ステップを実践してみてください。

 

ステップ5-1 環境を変える

ステップ5-2 目標を具体化する

ステップ5-3 目標達成のための計画する

ステップ5-4 まずやってみる、とにかくやってみる

ステップ5-5 喜んで計画変更する

 

【3日坊主を絶対克服】ステップ5-1 環境を変える

3日坊主を直したい人が、絶対に克服できる5つのステップ。1つ目は『環境を変える』ということです。

環境を変えるといっても、「引っ越し」「転職」とかそういう意味ではありません。

ここでの環境を変えるとはもっとシンプル。

ライバル行動をなくしてあげればいいのです。
ライバル行動とは「なにか意識的に行動をする際に、その行動を阻害するもの」のこと。

例えば、「スマホで勉強しよう」とおもってスマホを持っても結局ゲームをしてしまう。この時のライバル行動は「ゲーム」ということになります。

例えば、「勉強しよう」と思っても机の上のホコリやチグハグに並ぶ本棚を見つけて掃除を始めてしまう。この時のライバル行動は「掃除」ということになります。

こういった、ライバル行動を少しずつなくしていく(目につかないようにしてあげる)ことが大切です。

 

かの有名な大前研一さんもこのような言葉をおっしゃっていますよね。

人間が変わる方法は3つしかない。

1つ目は時間配分を変えること。

2つ目は住む場所を変えること。

3つ目は付き合う人を変えること。

住む場所を変える(環境を変える)ことで、自分を変えることができると言うわけですね。3日坊主を克服したなら、まずちょっとだけ環境を変えてあげましょう。

 

【3日坊主を絶対克服】ステップ5-2 目標を具体化する

3日坊主を直したい人が、絶対に克服できる5つのステップ。2つ目は『目標を具体化する』ということです。

目標を具体化することで、自分の頑張りのその先にある理想の自分(=ゴール)をイメージしやすくなり、努力しやすくなるという効果があります。

 

筋トレなら『3ヶ月後はこの人みたいな腹筋になりたい』
(=理想は6パックに割れた腹筋をもつ自分)

ダイエットなら『1ヶ月後にはこの水着を来て海に行きたい』
(=理想は水着を着こなしている自分)

語学なら『1年後、アメリカで友達と英語で話せるようなっていたい』
(=理想は友達と英語でペラペラ話している自分)

 

そしてもっと短期的な目標も決めてあげます。

 

筋トレなら『3ヶ月後はこの人みたいな腹筋になりたい』
(=理想は6パックに割れた腹筋をもつ自分)

⇛ 1ヶ月後にはうっすら腹筋が割れている自分、2ヶ月目には遠くから見ても腹筋が割れている自分、3ヶ月後にははっきり腹筋が浮き出ている自分

ダイエットなら『1ヶ月後にはこの水着を来て海に行きたい』
(=理想は水着を着こなしている自分)

⇛ とりあえず1週間後には体重ー1キロした自分、食事制限と筋トレで1ヶ月後にはー3キロを達成した自分

語学なら『1年後、アメリカで友達と英語で話せるようなっていたい』
(=理想は友達と英語でペラペラ話している自分)

⇛ 3ヶ月後にはオンライン英会話で先生と意思疎通が図れる自分、6ヶ月後には日常会話なら英語でできる自分、9ヶ月語には英検●級を持っている自分、1年後には友達と英語でよどみ無く話す自分

 

出来る限り細かく、「ありたい自分」のイメージを膨らましてください。

 

【3日坊主を絶対克服】ステップ5-3 目標達成のために計画する

3日坊主を直したい人が、絶対に克服できる5つのステップ。3つ目は『目標達成のために計画する』ということです。

目標を具体化した後は、計画していきましょう。特にこの段階では3日坊主を克服する3つの原則をわすれないようにしてくださいね。

1 シンプル is ベスト

2 習慣化が最大の味方

3 結果より行動

 

では実際に、3日坊主を克服する3つの原則に沿って、目標達成のために計画してみましょう。

 

● 1ヶ月後にはうっすら腹筋が割れている自分

⇛ とりあえず30回の腹筋から始めてみよう。

● とりあえず1週間後には体重ー1キロした自分、食事制限と筋トレで1ヶ月後にはー3キロを達成した自分

⇛ まずはとりあえず野菜中心の生活にしよう。

● 3ヶ月後にはオンライン英会話で先生と意思疎通が図れる自分

⇛ まずはオンライン英会話の先生と自分の好きなテーマで話してみよう。

 

シンプルに、とにかくシンプルに。そして習慣化していきましょう。3日坊主を直したい人はまず結果よりも行動、そして行動をしている自分を認めてあげることが大事です。

これらの計画はあとで修正するためにあります。とにかくシンプルに行動しやすいように、計画してあげましょう。これこそ『セルフマネージメント』ですよ。

 

【3日坊主を絶対克服】ステップ5-4 目標達成のために計画する

3日坊主を直したい人が、絶対に克服できる5つのステップ。4つ目は『まずやってみる、とにかくやってみる』ということです。

目標も決まり、計画もシンプルにしたところで早速やってみましょう。とにかく実践に移します。

言うまでもなく、これが一番大事です。

 

【3日坊主を絶対克服】ステップ5-5 喜んで計画変更する

3日坊主を直したい人が、絶対に克服できる5つのステップ。5つ目は『喜んで計画変更する』ということです。

これが意外と大切だったりします。

 

「計画したとおりに出来なかった」

「目標に全然近づいていない」

 

いざ3日坊主を克服しようと新しいことにチャレンジするとこう考えてしまうもの。しかし、こう思ったときに一番危ないのは「自分を責めてしまうこと」です。

 

「なんでこんなことも出来ないんだろう」

「自分はやっぱり3日坊主を克服できない」

 

こんな時は、正直「自分を認めて、自分を許す」のが一番です。

 

自分はこれくらいしかできないんだ。過度に自分に期待してるから自分を責めるようなことをしてしまっているんだ。とりあえず今の自分を認めて、許してあげよう。そして次に進もう。

 

こう考えて、今までのことは忘れてください。そして計画を修正していきましょう。

むしろ喜んで計画を修正していきましょう。

なぜなら計画を修正するということは、更に目標に近づくための道筋が立てられるということです。むやみやたらに最初に作った計画を盲信するほうが危険です。

 

【脱・3日坊主】あなたは何で3日坊主を克服する?

 

3日坊主を克服する3つの原則

1 シンプル is ベスト

2 習慣化が最大の味方

3 結果より行動

3日坊主を克服する5つのステップ

ステップ5-1 環境を変える

ステップ5-2 目標を具体化する

ステップ5-3 目標達成のための計画する

ステップ5-4 まずやってみる、とにかくやってみる

ステップ5-5 喜んで計画変更する

 

あなたは何で3日坊主を克服しますか?

 

ダイエット? 筋トレ? 語学?

 

何に挑戦しようとも、シンプルにそして習慣化するように行動することが大切です。

 

ただそう言っても新しいことを始めるのはなかなかツライのは代わりありません。

でも、新しいことを始める時、その始めの1歩こそがものすごく大切です。

 

始めた時点でその物事の70%は終わっている

 

高校の時の先生がおっしゃってて、なんだか記憶に残っている言葉です。そうです、始めた時、その物事の70%は終わっているんです。

いまこそ、ページを閉じて、新しい物事に取り掛かるときです。

 

あなたの新しいチャレンジがどうかうまくいきますように☆彡

関連記事

心を震わせる、旅人スナフキンの名言ランキング20【保存版】

【AYINA団体紹介】僕がアフリカに関わり続ける理由

欧州文化首都って何?文化こそ守るではなく使うべき【2018年マルタ】

【マルタ留学者必見!】サルでもわかるマルタの歴史

【地中海のミニハリウッド】マルタで撮影された映画、全作品紹介!