マルタ留学、ビザは誰が必要?必要書類や取得方法?【2018年冬】

マルタ留学に悩むねこ

『マルタ留学するんだけど、マルタに滞在する際にどんな人がビザ取得が必要なのかな〜?もし必要であれば、何を用意して、どうやって取得すればいいのかなヽ(´ー`)ノ?』

今回の記事ではこんなことを書きました。

☆彡 本記事の内容はこちら

・マルタ留学に必要なビザは滞在日数で決まる

・マルタ留学に必要となるビザは2種類

・短期ビザ(90日未満)と学生ビザ(90日以上)の取得方法

・【体験談】マルタ留学中、学生ビザを実際に取得してみた

・マルタ留学のビザ取得の注意点と心構え3選

この記事を読めば、

マルタ留学で必要なビザの種類、そしてビザの取得方法を理解できるようになり、

体験談を知り、マルタ留学中のビザ取得がイメージできるようになります( ´ー`)

僕もマルタに90日以上滞在していたので、マルタ留学におけるビザ取得の煩雑さ、複雑さはものすごく理解できます。当時の自分に伝える思いで書いた記事なので、これからマルタ留学でビザを取得される方の参考になれば、幸いです。

マルタ留学に必要なビザは滞在日数で決まる

さて、まずはマルタ留学をする留学生のうち、『誰が』ビザが必要なのか。

結論から言うと、『全員』です。しかし、難しくありません。

マルタに語学留学する留学生であれば、大きく2種類のビザがあることを覚えておけばいいでしょう。

そのビザとは、『短期ビザ』と『学生ビザ』です。

どちらのビザを取得するかは、あなたの留学期間によってきます。

もし学生ビザを取得する場合は事前の準備が必要になるので、詳しく、ゆっくり解説してきましょう。

マルタ留学に必要となるビザは2種類

マルタ留学に必要となるビザは、『短期ビザ』と『学生ビザ』。

では『短期ビザ』と『学生ビザ』とはどう違うのでしょうか?

マルタ留学の短期ビザとは?

まずは短期ビザです。

名前の通り、マルタに短期留学(マルタの滞在が短い)する学生向けのビザです。

短期ビザはマルタの滞在が90日未満の留学生向けと決められています。

『マルタ留学、3ヶ月未満だよ〜』って方は短期ビザの取得で十分です。

マルタ留学の学生ビザとは?

もう一つのビザは学生ビザです。

学生ビザはマルタに90日以上滞在する留学生に取得が必須のビザです。

取得方法も短期ビザとは違い、事前準備や手続きが必要なので、こちらもゆっくり説明していきますね。

短期ビザ(90日未満)と学生ビザ(90日以上)の取得方法

では早速、短期ビザと学生ビザ各々の取得方法についてご紹介してきましょう。

短期ビザ(90日未満)の取得方法

90日未満のマルタ留学で、マルタに滞在される方は短期ビザを取得する必要があります。

空港で入国カードを記入して、パスポートと復路の航空券を見せるだけ。

その場で短期ビザが発行され、無事マルタに入国できますヽ(´ー`)ノ

学生ビザ(90日以上)の取得方法

90日以上マルタ留学で、マルタに滞在される方は学生ビザを取得する必要があります。

これはちょっと手間が必要なので、詳しくご説明しますね。

必要な書類

必要な書類は以下の通り。

①申請料35ユーロ
②スクールレターとビザ申請用紙(学校が用意)
③預金残高証明書
④海外保険証明書
⑤証明写真2枚
⑥パスポートの全ページのコピー
⑦マルタでキャッシング可能なクレジットカードのコピーと利用明細

②のスクールレターとビザ申請用紙は学校が用意してくれますので、マルタ留学中通学する学校のスタッフに聞いてみましょう。

③の預金残高証明書は、本人名義のもので、48ユーロ✕滞在日数の残高が必要です。さらに1ヶ月前の証明書が必要なので、日本にいる家族にとってもらいましょう(^O^)/

④の海外保険証明書はビザ取得には必須です。エージェントを通してマルタ留学する場合、ほとんどの方が何かしらの海外保険に加入すると思いますので、それで十分です。

⑥のパスポートの全ページのコピーですが、学校にお願いしてコピーをとってもらいましょう。もしくは小さな日用品のショップでも、コピー機が有料で使えたりするのでチェックしてみましょうヽ(´ー`)ノ

⑦のマルタでキャッシング可能なクレジットカードのコピーと利用明細ですが、これはほとんどの方が持っていますよね。キャッシング可能なクレジットカードで一度ATMでお金を引き出してみて、その利用明細を保管しておきましょう!

手続きの流れ

あくまでも僕がマルタに留学していたころ&実際に僕が体験した手続方法なので、鵜呑みにしないでくださいね!

最新のビザの取得方法を学校や友達から取得するようにしてください!

①ビザ申請の予約をする
②首都ヴァレッタのビザセンターに向かいビザ申請⇛次回のアポが渡される。
③再度ビザセンターへ⇛学生ビザ取得!!

ビザ申請の予約は、ほとんどマルタの学校がやってくれるので安心してください。

心配な場合は日本出国前に、エージェントに相談しましょう。

こう見ると、一見、簡単そうに見えますよね。

しかし、実際やってみると簡単ではないんです・・・

特に②のビザ申請が大変でした。

【体験談】マルタ留学中、学生ビザを実際に取得してみた

僕はマルタに半年留学していたので、学生ビザを取得しました。

現在の様子とは異なっているかもしれませんが、マルタ滞在中の学生ビザ取得についてイメージしていただけるかと思います。

事前準備が命

マルタ留学が初めての海外長期滞在の僕。

ビザの準備も出国前から行い、日本でも準備できる書類は用意していました。

留学はなんでも事前準備が命です!

もちろんビザの取得に必要な書類も手続方法も調べていました。

マルタ留学後すぐビザ取得へ動き出す

マルタ留学後はすぐにビザ取得に動き始めました。

日本のエージェントと現地の語学学校のスタッフに情報を聞きつつ、ビザをすでに取得している先輩留学生から情報を集めていましたヽ(´ー`)ノ

あらゆる情報を収集しないと安心できない、単なる小心者です・・・

ただ、事前準備していたおかげで特に問題なく、ビザ申請のアポが取れました( ´ー`)

勝負は整理券

学校の先生からアポがとれたとの連絡が。

しかもその日はいつも仲良くしている留学生と同じ日でした!!

これはラッキー!すぐ取得して、昼からビールでも呑むかヽ(´ー`)ノ

なんて考え、移民局へ。

現地に着くと、前が見えないほどの、人、ひと、ヒト!!

あんなに建物の中に人がいる光景を未だかつて見たことがありませんでした。。。

担当者がでてくると整理券を配りだしました。

『え、アポとってんのに整理券とは何事?』

とは思いましたよ。

しかしその瞬間、我先にと整理券を奪取しようとするビザ希望者たち。

負けてはいられないと思い、なんのことだかよくわからない整理券を目指して、必死に手を伸ばす僕。

体格も倍あるんじゃないかってくらいの男たち、整理券に執念を魅せる女たちに負けてはいられないと思い、必死。。。

整理券は限られている、だからこそその争いは一瞬。

なんて意味のわからないことを考えながら、整理券に手を延ばしました。

そして奇跡が。体格が小さいから故なのか、前へ前への精神で奪い合いしていると、少しずつ前に進んでいき、気づいたら手元には整理券。

そう、あの念願の整理券です。

といっても、特に嬉しい感情は全く無く、「ナンダコレ(・∀・)」って感じでした。

残念なことに、僕の友達の留学生は残念ながら整理券を奪い取ることが出来ませんでした。。。

整理券の順番が来て・・・

そして待つこと数時間。

「どんだけ待たせんだよ!」と思いながらも、整理券の努力を無駄にしたくはないので冷静に。

そして、やっと僕の整理券の番号が近づいてきました!

そそくさとドアの付近に立ち、

『次は僕ですよ』アピール。

整理券が取れなかった友達も待ってくれていて、一緒にドア付近まで行きました。

そして遂に僕の番。

整理券の番号が呼ばれ、

「しれーっ」と僕の友達も室内へヽ(´ー`)ノ

『こいつ、整理券取れなかったんですよ(・∀・)でも僕の大切な友達だから良いよね(・∀・)』

的なことを担当者に伝えると無言の承諾。笑

その後、淡々と手続きが進み、無事手続きが完了しました。

1ヶ月半後・・・2回目の訪問

発行の連絡通知がきたので、再度移民局へ。

このときはすんなりとビザ取得ができました。

あの整理券の奪い合いは何だったんだって感じですねヽ(´ー`)ノ

これでマルタ留学中は、90日を超えて滞在出来るようになりました!

マルタ留学のビザ取得の注意点と心構え3選

マルタ留学のビザ取得の注意点と心構えについてまとめてみました!

この3点はお守りのように、心にしまっておいてくださいヽ(´ー`)ノ

【原則】マルタのビザ情報はコロコロ変わる。

何度も言いますが、90日以上マルタに滞在するための学生ビザの取得は必要書類や方法がコロコロ変わります。

それは僕達がどうこう言っても変わるものではありません・・・

とにかく、現地での情報収集を行ってください!特に、学校やビザを先に取得した先輩留学生からの情報をゲットしましょう!

とにかく落ち着いて淡々と準備

マルタで学生ビザを取得する際に起こり得ること。

①必要書類が足りない
②ビザセンターでの死闘&絶望する待ち時間
③『約束が違う!』が連発

これらの状況に陥ったとき、まずはなによりも落ち着いて淡々と目の前の壁に立ち向かいましょう。

学生ビザなんか取れなくてもいいやヽ(´ー`)ノ

なんてことはできません。。。

とにかく、イライラせずに落ち着いて対処すること。

そして、英語が流暢でなくてもいいから自分の主張をはっきり伝えること。

これがビザ取得への近道ですよ。

ビザ取得で困ったら頼る先は学校&友達

ビザ取得で困ったら真っ先に相談するのは学校でしょう。

日本人のアドバイザーがいる学校ならなおさら相談しましょう。

もし日本人のアドバイザーがいない場合は、ビザを取り終えた先輩留学生に聞いてみましょう。

ビザ取得において、現地の最新情報に勝るものなし。

これは真理だと思っていますヽ(´ー`)ノ

みなさんのマルタ留学が素敵なものになりますように〜☆彡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする